読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハゲでもリア充になるコツ

 

ハゲ。この2文字は男性にとって想像以上に重いものなのではないでしょうか。決して悪いことをしている訳ではありません。

体質の一環であって、やましいことではないものの、「ハゲ」という言葉のおかげでまるで悪いことや恥ずかしいことかのように感じている人も多いのではないでしょうか。

ハゲは女性からもあまり好まれていないのだろうとの思いから、とにかくハゲたくないと思っている男性は多いでしょう。ですがなる時にはなるものです。自分自身の運命を受け入れるしかないとはいえ、先にも挙げたようにハゲは決して悪いものではないのです。そこで、ハゲでもリア充になるための方法を考えてみるとしましょう。

 

『自信を持つこと』

ハゲは悪いことではないとはいえ、どうしても恥ずかしい気持ちや他人にあまり見られたくない思いから、自信を持てなくなるものです。

 

f:id:thepurpose_driven_life:20170221132020j:plain

髪の毛に関する自信のなさから、ビクビクしながら生きている男性を見ると「頼りがいがない」と思われます。モテる大人の紳士は大抵人生経験から来る自信で満ち溢れています。

薄毛男性はモテる、女から見たハゲの魅力

 

 

とあるように、自信そのものがないのでどうしても周囲の視線を必要以上に意識してしまったりへりくだったり。「どうせ自分なんか」「だってハゲだし」といったように、ハゲそのものよりもハゲているおかげで精神的に卑屈になってしまうのでモテなくなるケースの方が圧倒的に多いのです。

自信のある男性は例えその自信が根拠のないものであったとしても女性から見るとどこか魅力的に思うものですし、「この人と一緒なら楽しいかも」という期待感を持ってくれます。見た目に自信のあった人ほど、ハゲた時にはどうしても自信を損ねてしまうものですが、悪いことをしているのではありません。

それこそ「ハゲてるけど悪い?」くらいの開き直りをした方が良いでしょう。特に女性は男性の深層心理に敏感です。例えばハゲを気にしてハゲが目立たないような髪型にしたり、キャップ等で誤魔化したり。それよりも、いっそのことスキンヘッドにするくらいの方が良いのです。ハゲ云々ではなく、モテる男性は得てして自信に溢れているものです。

精神的な部分なので難しいのも分かるのですが、ハゲを気にして自信を喪失していてはリア充は程遠いのです。

 

薄毛で女性にモテないと思い込んでいるだけであって、薄毛男性がモテない理由は『自分に対する自信のなさ』にあると思うのです。

ジャンポケ斎藤がイケメンな3つの理由!ハゲでもリア充になるコツ

 

f:id:thepurpose_driven_life:20170221131841j:plain

このような意見もあるように、ハゲだからモテないのではなく、「ハゲて自信がないからモテない」なのです。女性は男性程見た目にシビアではありません。自信をもって、ハゲていても普通に接している男性であれば十分に恋愛対象になるのです。

 

『ハゲだからこそ相手に配慮する』

ハゲを気にするなというのはなかなか簡単ではありません。自信をと思っても簡単ではないですが、卑下するのではなく、「こんな自分と遊んでくれてありがとう」といった配慮を持つ。これもまた、ハゲがリア充になるための秘訣です。

人よりちょっと足りないと自覚するぐらいの方が、 他の部分を成長させようと思う確率が高く、男としてモテやすいのかもしれません。

薄毛男性はモテる、女から見たハゲの魅力

 

との言葉もあるように、ハゲている。だからこそビジュアルでは満足させられないから内面で相手を満足させようと考えてみるのも良いのではないでしょうか。先の項でも触れたように、女性はビジュアルはそこまでこだわりがありません。自分自身の許容範囲を超えれば何ら問題ありませんし、内面の良さのおかげで外見のハードルが甘くなるケースも決して珍しくありません。

それだけに、内面で補うのも一つの方法です。ハゲを完全に気にしないのは難しいでしょう。だからこそハゲを気にして他の部分で女性を満足させようと心がける。この発想の転換こそハゲがリア充になるために最も必要なことかもしれません。

 

『いっそスキンヘッドにする』

f:id:thepurpose_driven_life:20170221131808j:plain

仕事によっては難しいかもしれません。ですがハゲは中途半端なおかげで隠そうとしたり、「自分はまだ大丈夫」だと考えるたりしてしまうものです。

 

恋愛対象にならないと答えた女性の中にも、隠すくらいならスキンヘッドにしてほしい、という声が多数ありました。

hageryman.jp

 

このような意見もあるように、いっそのことスキンヘッドにするのもありです。スキンヘッドにする利点は多々あります。まず、ハゲかどうかよく分からなくなる点。ハゲは髪の毛がある部分があるからこそ、無い部分を「ハゲ」と言われるのです。全部失くしてしまえばもはやそれはハゲではありません。

また、中途半端なおかげでかえって清潔感を損ねてしまいがちですが、スキンヘッドにしてしまえば不潔なイメージはありません。何もないのです。汚くなる部分がなくなるので、清潔感を与えられるのです。また、自分自身も開き直れるでしょう。中途半端にハゲているので「今大丈夫かな」「もしかしたらハゲの部分が目立っているのではないか」と思ってしまうのです。

仕事柄、スキンヘッドにするのが難しい人もいるかもしれませんが、近年ではスキンヘッドも一つのお洒落として認知されつつあるだけに、中途半端なハゲを晒しているくらいであれば、思い切ってスキンヘッドにした方が良いでしょう。