読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなきゃ損!正しい髪の毛の洗い方

髪の毛の洗い方はとても大切です。それもそのはず、直接髪の毛や頭皮に触れるのです。方法次第で頭髪や頭皮に負担を与えることになるのですが、一方では正しい髪の洗い方を知らない人が多いのも事実。

ハゲないために正しい髪の毛の洗い方を今一度確認してみるとしましょう。

 

『爽快感はあるものの…』

とにかく誤解されているのが「力任せに洗う」というものです。確かにゴシゴシと力任せに洗うと爽快感があります。「洗った気持ち」にもなりますのでストレス解消にもなるでしょう。

そして多くの人がこの方法で行っているのではないでしょうか。実はこれ、残念ながら「間違ったシャンプー」と言わざるを得ないのです。

 

シャンプーしてゴシゴシと洗ったほうが気持ちいいですし、爽快感もありますよね!?でも、育毛を前提にしたシャンプーの場合、強すぎ、洗いすぎは厳禁です。

 

【髪の毛はげない方法】現役美容師直伝!ハゲないための髪の洗い方!

 

f:id:thepurpose_driven_life:20170301140656j:plain

 

ここでも書かれているように、ゴシゴシ洗うのは間違いなのです。では何が正しいのか。

正しいシャンプーは、力任せに洗うのではなく、シャンプーの洗浄力にて洗うのです。シャンプーを泡立てたら、泡の力で包み込むように洗うのです。

ゴシゴシと力任せに洗うと、本来落とさなくても良い皮脂まで落としてしまうのです。

 

強く洗いすぎて過剰な皮脂を生み出したりと、自分で自分の頭皮に悪影響を与えるケースが目立ちます。

 

xn--n8j792ktzqkie6yjoy8a.com

 

皮脂にも役割があります。「皮脂」という言葉から、ネガティブなものを想像している人も多いのですが最低限の皮脂がなければ頭皮は乾燥するだけです。乾燥が肌にとって良いものではないことは多くの方がご存知かと思いますが、頭皮にとっても良いものではありません。

つまり、力任せにゴシゴシと洗うと、自分自身の爽快感とは裏腹に頭皮に対してあまり良くない行為となってしまっているのです。

 

『事前に湯洗いする』

いきなりシャンプーで洗い始める人、多いのではないでしょうか。少し頭にシャワーをかけるだけの人や、シャンプーを出してからお湯をかけたり。

シャンプーの洗い方は人それぞれの自由ではあるのですが、ハゲたくない、つまりは頭皮や頭髪に負担を与えたくないのであれば、いきなりシャンプーを使用するのではなく、湯洗いが大切です。

事前に毛髪をよく濡らさずにシャンプーを使ってしまうことも挙げられます。洗髪の際には事前にぬるま湯でよく毛髪を濡らしておくシャンプーが重要になります。

 

xn--lckyae5jb5e9bwd5dv565clop.biz

 

このように、事前にお湯を使用するだけで、頭皮への影響は大きく異なるのです。

忙しい現代人は、ついついシャンプーも簡素に済ませてしまいがちかもしれません。ですがシャンプーの前に予洗いすることで、そもそも汚れは落とせるのです。

そしてシャンプーにて頭皮に適度な潤いを与える。これこそが正しいシャンプーの考え方なのです。

 

『抜け毛は異常ではない』

シャンプーの際、抜け毛が気になる人も多いようですが、そもそも人間は新陳代謝を繰り返していますので、健康な人でもある程度は髪の毛が抜けます。

一日100本程度は生え変わると言われているだけに、その範囲内であれば決しておかしくはないのですが、問題は抜けた毛の質です。

 

f:id:thepurpose_driven_life:20170301140923j:plain

細くて短い毛が多い場合は、薄毛になる兆候です

scalp-d.angfa-store.jp

 

 

髪を掴んで握ったとき以前よりも量が少ないとか、以前は簡単に出来ていたスタイリングに時間がかかったり、うまくできないというときは、注意しましょう。

scalp-d.angfa-store.jp

 

このように、抜けた毛の状態が悪かったり、自分自身でもおかしいと感じた時はハゲが迫っています。

抜け毛だけで驚き、もうダメなのではないかと思う人も多いのですが、髪が生えている以上、抜け毛はどうしても出るものです。

大切なのは抜け毛の本数よりも質や、自分自身の違和感です。

 

抜け毛が多いなと感じる人で正しいシャンプーを行っているのであれば他に原因が考えられるのですが、正しい方法でシャンプーを行っているにもかかわらず、抜け毛が多い場合には、シャンプー以外の要因が考えられるでしょう。

いずれにせよシャンプーは正しい方法で行うべきです。長らく力任せに行うシャンプーが良いとされていたのですが、頭皮に負担を与えるだけの行動でしかないのです。

 

『最後にお湯の温度もチェック!』

 

お湯の温度もチェックです。熱い方が刺激が出るので血流促進になるのではと考えている人もいるようですが、体温に近い温度で十分です。

なぜなら、熱すぎるお湯は髪の毛に負担を与えてしまうのです。

 

熱いお湯を浴びるとキューティクルが立ち上がり、髪の毛がボワッと膨らんでしまいます。髪の毛にとってベストなお湯の温度は38℃。

正しいシャンプーの仕方

 

 

このように熱すぎるとそれはそれで髪の毛に負担を与えることになってしまうのです。

38℃ですと少々ぬるいと感じるレベルかと思いますが、髪の毛にとってはベストになります。冬場ですと少々冷たいとさえ感じるかもしれませんが、その後しっかりと暖まるように心がければ良いのです。

 

シャンプーに関して間違った知識が広まっていますが、ハゲたくないのであれば正しいシャンプーを覚えましょう。